ダメージケアとは?

美容室で、やりたかったメニューがダメージのせいでできなかった事ありませんか??

そもそもダメージしている髪の毛は薬に耐えられるほどの強度を持っていません。

そのため反応を起こさせようと薬をつける事で、切れたり溶けたりしてしまい事故に繋がります。

パーマは縮毛矯正はタンパク変性と言って、髪の毛の中のタンパク質を反応させていきます。

このタンパク質というのが髪の毛の元気を保っている部分でダメージとはこのタンパク質がなくなることをいいます。

ブリーチが傷む理由もブリーチがこのタンパク質を抜き取ってしまうからです!!

タンパク質が抜けてしまっている髪の毛は簡単に例えると空洞の筒です。

なのでカラーしたとしても色素が留まるところがないためすぐ抜け落ちてしまいます。

とにかくダメージをしていていい事はもちろんありません。

AInoa RUANA青山のヘアエステではこの抜け落ちてしまうタンパク質を濃密にいれていくことができます!

美容室のトリートメントで効果を実感できなかった方も、まずは最初の3回通っていただければ変化を感じて頂く事ができると思います♪

夏のヘアケアはかなり大切になってきますので、
ぜひケアしにいらしてください!!!

【髪質改善ヘアエステサロンAInoa RUANA青山】

関連記事

  1. ヘアエステとトリートメントの違いって?

  2. ☆AInoaRUANAのカウンセリング☆

  3. 市販のシャンプーはどれくらい傷む?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。